とある遠征ギャの貧乏日記

ゴールデンボンバーの喜矢武豊さんが好きな遠征ギャです

地方民ツアー・島根

 

こんにちは。今回はラスト、地方民ツアーの島根のネタバレをします。

島根の会場は宍道湖っていう大きい湖が近くにあって朝イチ周りを歩きましたがとても自然豊かで素敵なところでした。とても遠かったので帰る頃にはクタクタでしたが出雲大社へ行ったりいい思い出になりました。

 

  • 喜矢武さんが「スタンス」を「スタイス」と言い間違える。
  • 出雲そばは3枚が普通でそこから足していく。だから喜矢武さんのインスタの写真とかも4段になっていたりする。
  • 日本一大きいしめ縄のある出雲大社(いずもおおやしろ)がある。10月は他の神社の神が出雲大社に向かうから神無月と呼ばれているが、出雲大社には神がいるから神在月と呼ばれる。
  • 他に世界最大の何があるの問に対して…研「昨日歩いた時2つでっかいものがあった。ひとつはでっかい番傘があった。もうひとつはでっかいチ○コがあった。」
  • ただ正解は仁摩サンドミュージアムにある世界最大の1年時計(砂時計)のことであった。
  • 喜→「宍道湖には淡水と海水があるからウナギとスズキさんがいるって居酒屋の人に聞いた」
  • 鬼→「島根のホテルにペイが無い!」
  • 世界で初めて缶コーヒーを喫茶店のオーナーが作った。最初は1つずつ缶に注ぐ手間があったが、コーヒーの質が落ちない画期的な方法であった。
  • 2km以上に続く鬼の舌震。ワニガメが美しい女神に○○をした。の質問に対し研→「勃起した(正解は恋をした)」喜研→「オレたちにこんな質問したらこうなるだろ!」「ワニの慕ぶるも下ネタに見えてきた」
  • 松前藩の松平家のお抱えの日本最強力士がいた。名前は雷電右衛門。勝率96%。喜→「なんかみたことある」鬼→「絶対あるはずない」197センチ、172kg、45歳まで21年間10回しか負けたことがないのに最後まで大関。つっぱり相撲という戦法でやっていた。
  • 喜→「あかけん食べた。(あかけんのことも店員さんに聞く)」鬼→「喜矢武さんは気になったことをなんでも店員さんに聞くのね」喜→「聞かないと分からないじゃん(的な素敵なことを言っていた)」
  • 研→「骨付鶏のひろに行った」鬼→「研二さんはいつでも鶏ばっかだからご当地でもなんでも無いよ」
  • 名物→しじみ汁、へか焼き、ボテボテ茶
  • 喜矢武さんはうずめ飯に乗っているワサビを避けたつもりが全部食べてむせる

 

以上で島根は終わりです。やっとメンバーの言葉とかしっかりと聞こえてくるようになってきたのにもう終わりです。ツアーが終わるととても寂しいですね。もっとツアーがあって欲しい気持ちと金銭的にもうやめてくれという気持ちと半々ですがとても楽しい日々を過ごすことが出来ました。ボンバーさんありがとう。横浜神戸も楽しみにしています。

 

地方民ツアー・小樽

 

こんにちは。今日は小樽のネタバレをします。

なかなか北海道って行けないもんですがやっぱり楽しいですね。美味しいものが多すぎて一回行っただけでは全て食べ尽くせないのでまた行きたいなと思います。

 

  • 小樽のメンバーイメージ→海産物、ワイン、山
  • 小樽運河は開拓の玄関と言われている。効率的にものを運搬できるように作られた。散策路にはガス灯、クルーズ、レンタサイクル、人力車などがある。鬼→「曇りの時に行ったらなぁ…うーん…」喜→「ただの川じゃん」。雪が降ったら綺麗ということに対して喜→「デースポ(デートスポットの略)」 
  • 北のウォール街。大正時代の銀行は札幌、函館よりも多かった。1億円の重さが体験出来たり切り刻まれた1億円が見れる。喜→「鬼龍院さんは1億円の入った枕で寝ている」鬼→「他のメンバーも2億円貯金があるんだからな!」喜→「富裕層と庶民(メンバーと客)」軽いブーイングを受ける。
  • おたる水族館は柵を乗り越えてトドがやってくる。研→柵を「おり」と読み間違える。トド新メンバー大募集中(現在は休止中)。ペンギンは勝手に動いてグダグダだが、トレーナーの愛情のあるツッコミが人気。
  • 毛無山展望所から増毛連山が見れるから頭皮を気にする人の演技がいい場所に。
  • 名物→小樽あんかけ焼きそば、若鶏の半身揚げ、ぱんじゅう

 

小樽の帰りにパンロールを買って帰りましたが美味しいものですね。パンというよりもすり身感が勝っている感じがします。オルゴール館も雰囲気良かったです。 

そういえば喜矢武さんはオルゴール館行ったことないとか言いながら2011年に行ってるんですよね。鬼龍院さん関係なく行った理由が喜矢武さん行ったからなんですが、本人は覚えてないという。 

とにかく楽しい小樽でした。

 

 

地方民ツアー・岐阜二日目

 

こんにちは。岐阜二日目のネタバレです。岐阜は名古屋から近くていいですね。

また喜矢武さんの行った居酒屋でも近いから行ってみようと思います。

 

  • 下呂温泉の美人の湯のところに足湯スポットがある。喜→足湯に像が立っていたから「ヴィーナスのまんこ」って言ってダダすべり。
  • 喜矢武さんがツアーをツマーと言い間違える
  • 無料露天風呂もある
  • 刃物の街「関」。全国の食器の60パーセントが美濃焼である。ちなみにカウントダウンライブの湯のみも美濃焼で出来ている。 
  • 日本一長い盆踊りの郡上おどりがある。無礼講で32日間踊る。特に8月13日から16日までは寝ずに徹夜で踊る。このお祭りは観光客等誰でも参加可能。
  • 手力雄神社は力が強い神様がいるので勝利の祈願に訪れる人も多い。ミスターマリックも岐阜出身なので関係が?
  • 名物→朴葉味噌、けいちゃん、へぼめし

 

ということで岐阜編終わりです。

 

 

 

地方民ツアー・岐阜一日目

 

こんにちは。岐阜一日目のネタバレです。途中からお料理コーナーに入っているため大丈夫だと思われますのでキリバのネタバレも書こうと思うので嫌な人は見ないでください。

岐阜は乱闘が起きましたね。東京の友達、岐阜の友達が2日とも当日券狙ってきたけどスタッフの対応の悪さでアウト、取れたと聞いた神奈川の友達も嫌な思いをしたらしく誰にも○○さんが取れたとは言わないでと言うくらいでした。

これから全部のツアー先で電話受付が始まりましたね。これが1番でしょう。というか二日目も同じような対応を取ったのが驚きです。ライブって楽しいものだしみんなが楽しめることが1番大事なのにという感じですね。頑張ったけど取れなかっただったら仕方がないと思える所があるけど、よく分からずに終わっていたとか髪の毛引っ張られたり押されてチケット取れなかったのに嫌な思いをするのは間違いです。

まぁこのことは置いておいて岐阜のネタバレします。

 

  • 岐阜で有名なバンド→喜「今は亡きギルドのRYUICHI」淳?「黒夢さん」
  • ガチュピンチャレンジシリーズでスキーに行ったのも岐阜。東京から車で行った。スキー場の写真にも写った。
  • 喜矢武さんが「岐阜城ってここからめちゃくちゃ遠いんですよね〜…」「すぐ近い!」ってフェイントのようなことを言う。実際見えるくらいの近さ
  • 白川郷は合掌造りと呼ばれている。
  • 大白川温泉は白水滝の側で入浴可能。
  • 市内は日本国土のほぼ中心に位置し、人口重心に当たるため「日本のへそ」と言われる。研二さんが「日本の支点」っていう真面目すぎる回答を言ったため一同ドン引き
  • 日本で1番面積が広い市は高山市。喜→「馬が多い!」「全国で言ったらあんまり有名じゃないよ?」客→「はぁ?」喜→「はぁ?」とバトルが始まる。ファンを読んだつもりなのにと鬼龍院さん。
  • 口裂け女発祥の地。お金が無い貧乏な家の人が子供を塾に行かせるお金もないので夜に歩いたら口裂け女が出るぞと嘘を言って子供を塾に行かせないようにしたのがきっかけ。柳ヶ原商店街では口裂け女で町おこし。喜矢武さんがぬーべーの話をしてこち亀以外も読むんだと言われる。
  • 根道神社近くにモネの絵画に似ているモネの池がある。ここでは研二さんが台本を読むが全く入ってこない。地方の人からは「根道神社の池」、もしくは「」と呼ばれる。この答えに対しまたまた喜矢武さんが「はぁ〜?」と叫ぶ。
  • 名物→飛騨牛、高山ラーメン、各務原キムチ、トマト丼(メンバーが下呂丼と言う)
  • 喜矢武さんは前日けいちゃんを食べたらしい。
  • そして昔喜矢武さんは登山好きのお父さんが岐阜に行った際に朴葉味噌をお土産に買ってきてもらって美味しかったという思い出話をする。

   

       キリバネタバレ

  • メンバーが漬物ステーキを作っている間に1人ずつ下にしゃがんで消えていく。この消え方は結構鬼龍院さんが研二さんに背中を向けるな!って言うような教育に反するような事だったので私からしてとても不自然だった。
  • そこではメンバーは鬼龍院さんのバースデーケーキを作っていた。
  • ケーキは喜矢武さんこだわりの大きめの美味しいパン屋さんのパンを二つに切ってはちみつを染み込ませていた。
  • 鬼龍院さんはピーナッツバターが好きだけど、糖質制限で控えていることを知っていたため、今日だけでもとメンバーが鬼龍院さんの顔のところをピーナッツバターで仕上げた。
  • とにかく今回の岐阜では滑りそうになったり、何かある度にハッピーバースデーの歌を歌いまくった。そしたらとりあえず何とかなった。

 

ということで岐阜は終了です。こんなに長いネタバレはこれ一本だけだと思います。

ここら辺になってきたらなんとかメンバーの話していたこととかもしっかりと聞き取れるような余裕を持てるようになってきてレポも増えてきたかな?という個人的な上達具合も伺えます。それにしてももうこんな感じではなければレポすることももうないだろうなと思います。

 

地方民ツアー・福井二日目

 

こんにちは。福井二日目です。福井駅ではメンバーが撮った写真のところにずらーっとファンの方々が並んでいました。喜矢武さんがやんやの時に撮った恐竜は現在移転されており、鬼龍院さんが撮った恐竜と同じだということです。

 

  • 鯖江メガネが有名
  • 三方五湖という湖は水深の違い等でグラデーションに見える
  • 福井県の絶景ビーチ水島→北陸のハワイと言われている。
  • 永平寺のルール
  1. 目上の人の目を見てはいけない
  2. 見習い期間は「はい・いいえ」以外話せない
  3. 喋る必要がある際は合掌で待ち、許可された場合のみ喋る
  4. 足音・鼻をすする行為は禁止
  5. 感情を表に出すな

       こういうルールでメンバー戸惑う

  • 落差12mの一乗滝がある。この辺りで生まれたと言われるのが剣豪佐々木小次郎。ここでつばめがえしを編み出した。
  • ツリーピクニックアドベンチャーいけだが有名
  • 名物→鯖のへしこ、鯛まま(大麻とメンバーが言う)、たくあんの煮たの

 

という所で福井編は終了です。次はキリバである岐阜ですが、岐阜に関しては一日目が恐ろしい量で書くのを躊躇います。

 

地方民ツアー・福井一日目

 

こんにちは。福井一日目です。

何となく全国でも無いけど回って思ったことは、どこの名物でもそばとかうどんとかがある気がします。

福井でもそばを食べたし、長野でもそばを食べたし…まぁ似てくるんでしょうね。

 

  • 福井県はとにかくメガネが有名
  • 幸福度3年連続ナンバーワン!理由が労働生産性・正規雇用率・大卒就職率・女性社会進出率・待機児童の少なさ・運動能力全てにおいて1位だから。
  • 国内で唯一ハープを製造。世界でも2位
  • 鯖江市西山動物園は日本で1番小さい。レッサーパンダのミンファちゃんがいる(淳くん食いつく)
  • 日本海が一望できる東尋坊がある。そこにはIWABA CAFEがある
  • 名物→ソースカツ丼、越前ガニ、越前そば、焼き鯖寿司、鯖江ドッグ
  • 喜矢武さんはヨーロッパ亭でソースカツ丼を食べた。タクシーで来たら外まで人が並んでいて、みんなファンだった。だけど誰も気が付かなかった。呼ばれて席に座るとなんとか真ん中の席は免れた。でも隣もファン。だけどそのファンは大泉洋の話をしていた…という話をしていた。

 

福井一日目終わりです。福井も充実しておりました。特に個人的には打ち上げも充実しておりました。

 

地方民ツアー・長野

 

こんにちは。今日は地方民ツアーの長野のネタバレです。

長野というより何公演かメンバーとニアミスしているんですよね。某駅の構内のお土産屋さんにいる時にメンバーがいたという情報が。他にも今ツアーは何度もニアミスをしていて悔しいような会っても何も話せないような…複雑な気持ちです。

ただ、入り待ち出待ち等の行為はメンバーからしたら本当に不快だと思うのでやめましょう。偶然は仕方が無いと思いますが…って偶然でも会ったことない私が言うのもあれですが。

では長野のネタバレ行きます。

 

  • 鬼龍院さんは小五の頃移動教室で軽井沢へ
  • 喜矢武さんは八ヶ岳(兀岳とかいう話にも)のスキー場へ行った。
  • 日本で1番多くの都道府県と隣接
  • ゴミの少なさ4年連続1位
  • 平均寿命女性1位、男性2位
  • 善光寺→国宝であり、性別・身分・宗派を問わない。一生に一度は善光寺詣りと言われている。
  • 松本城は烏城と呼ばれている。(恐らく淳くんだったと思う姫路城である白鷺城と間違える)
  • 浦島太郎が玉手箱を開けたと言われる「寝覚の床」がある
  • 日本一落ち着かないスキージャンプ台の絵が書いてあるトイレがある
  • 名物はおやき、ローメン、山賊焼き

 

初めておやきを食べたのですが美味しいものですね。鬼龍院さん的に食べていたおやきの味が何か忘れましたが野菜入っているのに食べれるんだ!と勝手に驚いた覚えがあります。同じものを食べましたが普通に美味しかったです。あとは信州そばを買って帰りましたがまだ手付かずです…